【じっちゃま】相場見通しを「強気」に変更したけどハイパーグロース株は注意が必要!業績相場から脱落する銘柄がたくさん出ると思う!決算をしっかり見て選別して!

視聴者の質問内容

「DOCSなど、今年IPOの好決算銘柄が
大きく下げました。今、仕込むセクター
としてはいかがでしょうか?」

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の回答

これ、いい質問だよね

グロース株に関しては

僕がルールにしてることは

良い決算を出した銘柄を
持ち続ける

というのが大原則だと思うのね

そして過去1年2年くらいは

IPOが、ものすごく多かったです

IPOラッシュです

だから、もう覚えきれないぐらいの

新しいIPOが続々

ザクザク出てきた

通常そういうふうに

IPOがザクザク

出てきてる時っていうのは

粗製濫造で

悪い企業がたくさん
含まれてる場合が多いのね

それはドットコムブーム
の時もそうでしたし

今回もそうだと思う

だからIPOが出てきた瞬間はね

ストーリーはエキサイティングで

すごくいい会社のように
思うんだけれども

でも、よーく考えてみたら

こんなビジネス

なんでこんな株
買ったんだっていうね

そういう銘柄も
たくさん含まれてると思うんですよ

だから

いいものと悪いものを

選別する方法ってのは
1つしかない

それは毎期毎期の決算で

いい決算が出せる企業

それを抱いておくしかない
っていう

それが僕の考え方ね

僕はこれは

急にそういうことを
思いついたんじゃなくって

1988年からアメリカ来て

米国株やってますんで

その長い経験の中で

振り返ってみて

最終的によく考えてみたら

きちんと決算出してる

企業だけが生き残ってるよね

という結論に到達したわけですよ

それは今の
最近のIPOに対しても

当てはまることだと思います

それに加えて

今、それらの銘柄が

直面してる問題というのを言うと

金利ね

長期金利

今1.57とか1.58%ぐらいに
来てると思うんだけども

米国10年債利回りはね

そういう風に金利が
上昇してる時っていうのは

グロース株にとって

非常に苦しい局面だと思うんですよ

だから

バリエーション
株式のバリュエーションが

マルチプルエクスパンションを起こすか

逆にマルチプルコントラクション

つまりPERが下がってくる

そういう現象を起こすか
ということで言うと

マルチプルコントラクションが

起こりやすい局面だよね

今、何言ってるかというと

グロース株は気をつけろ

金利上昇局面では

グロース株に気をつけろ

という話をしてます

グロース株の宿命は
何かと言うと

投資家はもっともっともっと
という風に

常に要求が増えていくんですよね

その投資家の

がめつい要求を
満たせなくなったら

株価は上がらなくなるんですよ

だから

業績の変化率
その傾きですよね

デルタ
このデルタが

グーッと上がってる時は

株価は面白いように
伸びていくけれども

成長率が100%成長だったのが

80%成長70%成長という風に

成長率が鈍化してくると

その局面で

株式のバリエーションが
グーっと伸びる

ということは
ほとんどないよね

むしろ逆にドーンと

バリエーションが突っ込む

そういうリスクの方が大きいよね

例えば先週の銘柄では

ダッククリークテクノロジー(DCT)

ちょっとチャート見てみようか

DCTという銘柄が
急落してますけども

これなんかは

バリエーションが剥げてきてる

典型的な例ですよね

ガイダンスが悪かったからという理由で

株価が急落したんだけどね

だから僕が過去1年、2年間にIPOした

ハイパーグロース株の末路として

描いてる未来

それは1つだけ
チャートを示せって言ったら

このダッククリークのチャートですよ

こんな感じで

墜落する銘柄が

ゴロゴロ出てくる

という風に考えてます

もう少し丁寧に
説明した方がいいかな

ちょっと待ってね

別の説明の仕方を試みますね

今ダッククリークの
EPS見てみようか

そうすると2021年

去年ですけども

会計年度2021年
会計年度の

EPSが8セント

今年2022年度が
6セント

2023年が13セント

そういう推移だよね

だから数字だけ

ちょっと言うと

5セント、8セント
6セント、13セント

どんぐりの背比べ
みたいな数字ですよね

これ覚えといてね

例えば

シェール株見てみようね

これダイヤモンドバックだけど

2020年が3ドルだよ

2021年が10ドルだよ

2022年が15ドルだよ

分かる?

この数字見てください

3ドル、10ドル、15ドル
それで

ダッククリークは

5セント、8セント
6セント、13セント

何これ
全然エキサイティングじゃないじゃん

と思わない?

だからハイテクだから急成長

石油だから低成長とかさ

その程度の認識しかないんだったら

株式投資なんか成功しないと思うよ

そうじゃなくって

どのくらい稼いでるのか

どのくらい成長してるのか

それをもっと徹底的に調べろよ

ということを僕は言いたいね

その観点からすれば

ストーリーだけは
エキサイティング

そういう「AIがー」とかさ

「宇宙がー」とかさ
宇宙見てみようか

ヴァージンギャラクティック(SPCE)

2020年がマイナス2ドル74

21年がマイナス1ドル47

22年がようやく黒字化して・・・

ん?黒字化しないのか

マイナスかな
よく見えないんだけど

99セント?
だから

数字が伴ってないわけですよ全然

ここら辺の銘柄はね

ストーリー一発なわけですよ

ストーリー一発の銘柄でも
いいんだけども

それは世界全体が

不景気で右を見ても

左を見ても

稼いでる企業はどこにもない

そういう焼け野原みたいな世界

例えばアメリカで言うと

去年の新型コロナの時のね

業績が悪くなった時

そういう時であれば

夢を買う

ハイパーグロースの夢を買う

相場いいと思うんですよね

金利も安いし

だけれども

今は金利がどんどん
高くなってるわけですよ

景気がどんどん
良くなってるわけですよ

みんな稼いでるわけですよ

今まで就職がなくって

家でブラブラしてた人も

どんどん就職してるわけですよ

だから

みんなが稼いでるわけですよ

そういう時になんで君だけ

なんでダッククリークだけ
稼げてないんだよ

show me the moneyっていうさ
そういう世界になってるわけでしょ

だから
今ほどきちんと売上高を示す

あるいは

利益をデリバーする

そういうことが
重要な局面はないんですよ

それが“業績相場“と呼ばれるものでしょ

わかる?

金融相場というのは

不幸のどん底

不況の真ん中

そしてFRBが

ひっちゃけになって

緩和してる時

そういう時には“金融相場“が起こるんですよね

それが新型コロナのあとの

FRBが緩和した時の局面

あれが金融相場だったんですよ

今はテーパーして引き締めよう
という風に言ってるわけでしょ

そうすると、それはもはや
金融相場ではないよね

もう我々投資態度
入れ替えた方がいいよね

今みんな稼いでんだからさ

もう商品が売れて売れて

商品が足らないわけだからさ

それでコンテナ船でさ

中国からアメリカに対して

どんどんどんどん
商品を送ってんだけども

ロサンゼルスの南の方のさ

ロングビーチ港を見たらさ

沖合にさ、80隻ぐらいさ

コンテナ船がプカプカ
浮いてるわけですよ

それで早く荷を
取りおろしてください

早くトラックで出荷してください
っていう風に

みんなスクリーミング

絶叫してるわけですよ

早くしてっていう風にさ

今儲けないと駄目だから

そういうみんなが儲けてる時にさ

なんでテメーだけ
儲けられてないんだよ

そういう話をしてるわけよね

その咎め、その批判

そういった厳しい目は

今、ハイパーグロース株に

向けられてるわけですよ

だからzoomビデオみたいにさ

成長率がぐっと下がってきて

それで

利益警告したとかさ

そういう銘柄が

浮かび上がってこないのなんて

当たり前でしょ

当たり前ですよ

カテゴリー:
関連記事