株式投資は企業の成長に投資することだと理解して!金(ゴールド)投資、純金積立では置いてかれちゃうよ!株は生きてるもの!鉱物とは違うんだ!【じっちゃま】

視聴者の質問内容

「毎月、純金積立をしてますけれども
最近株式に変えた方がいいんじゃないかなと
いう風に思ってます」

「長い目で見た場合どうですか?」

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の回答

株式とゴールドの大きな違いというのは

株式は会社であって

会社には経営者がいて、従業員がいて

商品があって

そして成長を目指してるわけですよね

だから

テスラが大きくなる

アップルが大きくなる

フェイスブックが大きくなる

そういう風に

企業努力によって

成長を捻出する

そういったものがゴールドにはないんですよ

なぜかというと

ゴールドというのは

鉱物の塊であって

そこには感情もなければ

思想もなければ

何にもないわけでしょ?

生きてないわけですよ

ゴールドというコモディティはね

そうである以上

ゴールドの価値というのは

静かに佇んでる存在である

ゴールドをめぐる周辺の条件

例えば

中央銀行がどんどん輪転機を回して

お札を刷ってるとか

経済がどうなってるとか

インフレがどうなってるとか

そういう周りの環境によって

ゴールドの価値が決まってくるわけですよね

株式もそれにかなり似てて

周りの環境に影響されるんだけれども

唯一、違う点としては

会社の経営者は

成長するために努力してます

その頑張り部分

それが両者の差だと思います

だから、そういう部分まで取り込みたい
と思うんだったら

金の積立だけやってるんではダメだと思うね

取り残されると思う

要するに

こういうことですよ

我々は人間として

社会に付加価値を還元してるのか

ということですよね

もし我々が価値を出してる

存在価値を出してると言うのであれば

その部分っていうのは

エクストラ

追加部分ですよね

株式投資に投資するというのは
そういうことです

関連記事