アプラヴィン(APP)はモバゲーの顧客情報でアプリをおすすめするユニークな企業!第3四半期が超好決算!新しいソフトウェアで伸びしろ大!【じっちゃま】

視聴者の質問内容

「アプラヴィン(APP)、これまで
話題にされてこなかった銘柄なんで、
説明してください。」

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の回答

会社名はアプラヴィン

だから

アプリを愛するっていうさ

そういうふざけた名前の
会社だけど

何やってた会社かというと

元々モバゲーを
たくさん作ってた

そういうゲームデベロッパーの
会社だったと思うんですよね

だから、この会社が作った
安いモバゲーを

利用した経験が
ある人っていうのは

かなりいます
実は2億人もいるんだよね

でも

モバイルゲームの
マーケットっていうのは

みんなもご存知の通り

めちゃくちゃ競争が激しい

流行り廃りが激しい

そういうシビアな
ビジネスなんですよ

それである日

アプラヴィンの経営者が

ちょっと待てよ

俺達このゲーム買ってもらった時に

ゲーマーの人達の

一次個人情報持ってるよね

そのデータベースあるんじゃねえの
うん、あるよね

そうすると
これはだぞ

2億人のゲーマーの

個人情報
我々持ってるわけだから

そして、そのゲーマーからは

この個人情報を

二次利用していいです
という

承認を得てるんですよね

そういう

貴重な貴重な
情報を持ってるんで

これをベースに

レコメンデーションエンジンを
開発して

他のゲーム会社が
新しいゲームを出した時に

こういうゲームでましたよ

おたく、そのサバゲー好きですよね

サバゲーでは
これが出ましたとか

あるいは動物ゲーム好きなら

動物関係の

かわいいキャラクターの
ゲームでたよーとかさ

そういうことを紹介する

ビジネス・ソフトウェア・
プラットフォーム

それを新しく出したんですよ

その部分が

まだちっちゃいんだけども

売上高の27%しか
占めてないんだけども

その紹介AIエンジンが

385%で成長してるっていうさ

そういうストーリーなんだよね

だから

彼らの顧客はかつての
彼らのライバル企業

つまりモバゲーの

デベロッパーたちが顧客です

だから

まだ

そのソフトウェアが
発表されたばっかで

1年も経ってないんじゃないかな

だから

ほとんど営業してないと思うのね

他のモバゲーの会社に

こういうのありますよ
っていうこと

言ってないと思うんですよ

それでもう、これだけ
ビジネスが伸びてる

そういうストーリーです

だから、決算の見どころとしては

売上高も重要なんだけども

大部分の売上高は
レガシービジネス

つまり昔ながらの

モバゲー売上高だと思うのね

その部分は

エキサイティングな
ビジネスじゃないんで

重要ではありません

でも小さな部分として

ビジネス・ソフトウェア・プラットフォーム売上高という

セグメント情報があります

ここが、もう、ほぼ

マージン100%みたいなさ

めちゃくちゃ
殿様商売って言うか

めちゃくちゃ儲かってて

めちゃくちゃ成長する

ビジネスを持ってるんですよね

だからその部分に
注目してください

カテゴリー:
関連記事