ユニティとロブロックスが好決算で新高値!Uはメタバースに向けて良い買収を発表!RBLXの複雑な決算も徹底解説!【じっちゃま】

視聴者の質問内容

「ユニティ(U)
決算どうでしたか?」

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の回答

いい決算だと思います

そして買収を
発表してますけれども

あれは色んな3Dの

ツールの会社を買収したのね

もっと言えば

ロードオブザリング

日本だと
ロードオブザリングっていうの?

指輪物語っていうの?

ちょっと日本のタイトルが

分からないんだけども

その、CG
コンピューターグラフィックス

それを担当したエンジニアたち

それがやってる
会社だと思うんだよね

をユニティが買収したと

つまりそれが意味することは
何かというと

メタバースに向けて

プラットフォーム
ないしはツールの面で

布石を打つ

そういう買収だった
と思うのね

今後のEPSガイダンスだっけ

ちょっと低かったんだっけ

それは多分
この買収の

評価コストが
関係してるんじゃないかな

という風に僕は思います

いい決算だったと思います

ロブロックス(RBLX)も

基本的にはいい決算
だったんだけども

数字とっ散らかってましたけれども

ロブロックスの決算で

一番僕が強い印象を受けたのは

営業キャッシュフロー

その数字が素晴らしかったよね
素晴らしかった

売上高に関しては

アナリストの中に

会計基準をよくわかってない

アナリストがいるんですね

それで、それは
元々の責任は

ロブロックスの会社側に
あるんだけれども

っていうのは

IPOする直前に

ロブロックスが

会計の締め方を

全部やり直したんですよね

それで会計原則を変えたんで

それがまだ
アナリストに周知徹底してない

レベニューレコグニション

つまり売上高の計上の仕方

に関する計上基準

それが会社側は

くっきり
打ち出してるんだけども

アナリスト側での

理解が非常に曖昧

そういう関係で

数字がすごくとっ散らかった
感じを受けてます

しかし一番大事なのは

キャッシュフローなんですよ

なぜかと言うと

キャッシュフローは
ロブロックスが使ってる取引銀行

その取引銀行の残高

そこにお金が入ったか出たか

だと思ってください

ちょっとものすごく乱暴な

説明の仕方してるんだけども

営業キャッシュフロー

と利益はどう違うんだ

という話をしてますけれども

もし
営業キャッシュフローということが

わかりにくいなあ

という風に
みんな感じてるんだったら

ロブロックスが
使ってる取引銀行の

銀行の帳簿の残高ですよね

そこでのキャッシュの増減

それが営業キャッシュフロー
だと思ってください

今、会計が専門でない人が

一番分かりやすい
説明の仕方をしてます

それで見ると

キャッシュは入金してんですよ

ドカンとでかい
キャッシュは入金してんですよ

だけれどもアメリカの
会計原則から言えば

それは売上高に計上したら

ダメでしょうっていう風に

言われるタイプの入金なんですよ

例えばねゲーセン

日本にもゲーセンってあんのかな

俺ちょっと日本の
ゲーセンに行ったことないんで

よくわかんないんだけども

アメリカでゲーセンに行くとさ

そしたらまず

窓口のところで
ドルを差し出して

そしたら、こーんな
長いチケット

ぐるぐる巻いたさ

こういうチケットみたいなのを
くれるわけよね

そして、そのチケットを
ゲームに放り込んで

そしてバスケットボールの
ゲームとかさ

あるいはピンボールとかさ

そういう色んなやつを

トークンとかで
プレーするわけだよね

だから

何で入金があったのに

売上高に計上しちゃだめなの
っていう

説明を今してるんだけども

そうするとゲーセン行って

ドル札握りしめた子供が

お兄ちゃんトークンください

っていう風に
お金を渡した時点

それが

キャッシュが入金した
時点なわけですよ

ロブロックスにとってね

だけども

それはまだ会社として

消費者と言うか
ユーザーと言うか

ゲーマーに

楽しんでもらったわけでは
ないわけでしょ

まだサービスを
デリバーしてないわけですよ

約束を果たしてないわけですよ

だから

そのゲームで楽しんでもらった後で

なるほど

あなたは役務を
提供しましたよね

じゃあそれは売上高として
認知していいです、という

お許しが
出るわけですよね

それが今のアメリカの
会計原則なんだけれども

その基準
じゃあどの時点で

その責任を果たした
という風に認知するの

と言うことが
問題になってるわけですよね

その部分は

IPO前に変更したんだけども

そして今のロブロックスの

責任を果たしました
という

認知の仕方というのは

そのアイテムが
コンシューマブルズの場合

例えばロブロックスの
バーチャル空間の中で

お店行って

そしてコーラ買って
コーラ飲んだと

それは

消費財ですよね

その一回で終わっちゃうことだよね

それはすぐ売上高に
計上していいです

しかしコスチューム

例えば甲冑みたいなさ

そういうヘルメットとかさ

そういうのをゲーマーの人が
購入したとしますよね

そうすると甲冑を

売上高に

すぐ計上していいのかって言うと

それダメなんですよ

なぜだめかと言うと

コスチュームは
消費財じゃないだろ

コンシューマブルズじゃないだろ

それって長く使えますよね

その鎧長く使えますよね

その剣長く使えますよね

そしたらそれは2年間に渡って

使用期間は2年間なんだから

その24ヶ月ですよね

そして四半期で言うと

クオーターで言うと
8クオーターになるわけよね

そうすると
その売上高の

1/8だけ計上していいですとかね
そういう基準になってるんですよ

だから

一体、コンシューマブルズが
ロブロックスで

よりたくさん楽しまれてるのか
買われてるのか

あるいはデュアラブルグッズ

長持ちするものが売れてるのか

そのミックスなんて

アナリストにわかるわけないよね

言ってること分かります?

だから、ものすごく
売上高の予想とか

そういうのが
立ちにくいわけですよ

それは

ロブロックス側の
開示の問題でもあると思うんだよね

もしロブロックスが

もっとアナリスト達に

正確に

うちの売上高とかを
予想してほしい

という風に願うんであれば

四半期の決算のさ

投資家向けレターの中で

今期の
コンシューマブルズの売上高は

これだけでした

今期のデュアラブルズの売上高は

これだけでしたっていう

内訳を開示すべきだと思いません?

僕はそう思うんだけども

それは開示されてないよ

開示されてない

だから
いつまでたっても数字が

アナリストの数字が
ぐっちゃぐちゃのままで

放置されてんだけども
それは

ひとつには

会社側のIRの問題でも
あると僕は思いますよ

関連記事