欧州で新型コロナが再拡大!旅行関連株への影響は大丈夫か?じっちゃまの見解【広瀬隆雄氏・米国株】

視聴者の質問内容

「ヨーロッパ、コロナ
再燃してますけれども」

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の回答

これはね

オーストリアかな

ロックダウンが発表されて

ドイツでもひょっとしたら

ロックダウンになるんじゃないか

という風に言われてますけれども

僕はヨーロッパ中には
広がらないと思う

ドイツの状況を見てみるとさ

東ドイツだけだよね

ひどいのは

旧東ドイツ

旧西ドイツの方は

それほどひどくないよね

だから、地域性があるんだよね

例えばアメリカでも南部のさ

レッドネック、ディープサウス

と言われるようなさ

そういうところの
人達っていうのは

ワクチンの接種とかが
遅いんだけども

まあ僕はディープサウスに
住んでるんだけどね、今ね

だから

アメリカの遅れてる地域に
住んでるわけだけども

そういう地域差があるわけですよ

ドイツの場合も
そういう地域差がある

だから東ドイツで

新型コロナのデルタ株が
今、パーッときてる

だから、ヨーロッパ全部がバーッと
それに伝染されるのかと言うと

それは、ちょっと
そうじゃないんじゃないの?

っていう風に思ってる

だから、もっと言えば

あんまり心配してない
ということね、今の段階では

あんまり心配してない
ということです

「業績相場になると、クルーズ株、
航空株、ホテル株は厳しいでしょうか?」

そんなことないと思いますよ

航空株とか、クルーズ株とか
ホテル株が

業績が今、メタメタなのは

新型コロナで旅行者が
少ないからですよね

あるいはホテルが閉まってた

クルーズ船が出航できなかった

それが、業績が悪かった理由で
それは過去のことなんだよね

だからそれは

バックミラーを見ながら

車を運転するようなもんで

過去の業績にこだわっても
しょうがないんじゃないの

だから

僕は業績というものを

すごく重視してますけれども

そもそもコロナで
ホテルが開けられない

ということはさ

業績見ても
しょうがないわけでしょ

それは別の
スペシャルシチュエーションだよね

言ってることわかる?

だから

業績が良くなるのは

これからじゃないですか
という話をしてます

そうなのであれば

将来の決算を
見ればいいわけでしょ

過去ではなくて

過去はコロナだったんだから

「ホテル株、クルーズ株、エアライン株
の中で、一番好きなのは何か」

目先だったら
エアラインかもしんない

カテゴリー:
関連記事