ひろゆき名言「iDeCoは日本のサラリーマンなら早めにやるべき」|その理由とは?|どうやって始めれば良いの?

ひろゆきの「iDeCo(イデコ)」に関する名言を集めました。

  • iDeCoはやるべきなのか?
  • どのような運用を心がければ良いのか?
  • この証券会社でやるべきなのか?

など、ひろゆき氏の有益な名言をもとに、iDeCo制度について考えてみましょう。

iDeCoはやるべきか?

上記の動画で、ひろゆきが「iDeCoをやるべきかどうか」について名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 日本のサラリーマンだったら「iDeco」は早めにやった方が良い。
  • ただし、ひろゆき氏は日本のサラリーマンではない(海外在住の社長)ので、イデコはやってない。
  • あまり高い運用利回りを狙うのではなく、安全な運用を心がけた方が良い。
  • つみたてNISAと両方やった方が良い。
  • ヘタな投資信託よりもインデックス系の投資信託が良い。

iDeCoはどの証券会社でやるべきか?

iDeCoをどの証券会社でやるべきかについては、ひろゆき氏は特にコメントしていないようです。

ご参考までに、「お金の学校TV」のyoutubeチャンネルで、「楽天証券ではなく、SBI証券でやるべきだった」という内容で解説しています。

私もSBI証券でiDeCoをやっていますが、手数料が安い「e-maxis」シリーズなどの投資信託を選ぶことができて、とても良いと思います。

まだiDeCoをやっていない方は、ひろゆき氏の言うように、早めに始めた方が良いですよ!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA