ひろゆき名言「持ち家よりも賃貸の方が良い」「持ち家を買うリスク」「持ち家は子供の資産にはならない」|その理由とは?

ひろゆき氏は、「持ち家と賃貸どちらが良いか」に関して、youtube上などで数々の名言を残しています。

  • 持ち家よりも賃貸の方が良い理由
  • 持ち家を買うことにはリスクがある
  • 持ち家を子供の資産とするために買うのは良くない

など、ひろゆき氏が「持ち家と賃貸のどちらが良いか」について語った名言を集めて、整理しました。

戸建てやマンションを買おうかどうか悩んでいる方、ぜひ参考にしてください!

持ち家と賃貸はどちらが良いか?

上記の動画で、ひろゆきが「持ち家と賃貸はどちらが良いか」について名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 金融資産が1億円以上ないのだったら、賃貸の方が良い。
  • 田舎に住んでいて、田舎で働くのなら持ち家を買っても良い。
  • 基本的に地価は下がり続けるので、持ち家より賃貸の方が良い。
  • 投資として物件を買う場合でも、不動産よりも株や投資信託で回した方が利回りが良い。
  • 金融資産が1億円以上あるなら、投資のポートフォリオ分散として不動産に投資するのもアリというだけ。
  • 金融資産が1億円もないのに買う不動産物件というのは、庶民が買うような物件であり、投資としてはあまり意味がない。
  • 新築のマンションのペントハウス(最上階でフロア全体が1部屋になっているような物件)だけは買っても良いと思っている。そういうところに住みたがる金持ちがいるから。

持ち家を買う場合のリスクを把握しておくべき

上記の動画で、ひろゆきが「持ち家を買う場合のリスク」について名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 持ち家を買う場合、隣に住む人もセットで付いてくると考えた方が良い。
  • 隣人をこちらが追い出すことはできない。
  • 持ち家を買うということは、隣人を買うことだと考えるべき。
  • 隣人がどんな人かが非常に重要。
  • 例えば、足立区に持ち家を買ってしまうと、隣人も足立区民、自分も足立区民、子供も足立区出身になってしまうので、そういったところに持ち家を買うという投資をしない方が良い。(足立区の皆さんゴメンなさい、との釈明つき(笑))

一軒家を買えば子供に資産が残せるから良い?

上記の動画で、ひろゆきが「一軒家を買えば子供に資産が残せるから良い」という意見を論破する名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 一軒家(戸建て)を買えば子供にも家を残せるから良い、という意見があるが、その家に住みたいかどうか、子供の意見を聞いていますか?
  • ひろゆきは、北区赤羽の一軒家を親が残してくれたとしても、全く嬉しくない。
  • 北区赤羽に住むのなら、駅前のマンションが良いし、好きなところに住める自由を残して欲しい。
  • 一軒家(戸建て)を残されるくらいなら、現金をくれた方が良い。
  • 家族4人で住めるような一軒家を買ったとしても、子供2人は巣立っていき、夫婦2人には大きすぎる戸建てとなってしまい、夫婦は結局賃貸に移って一軒家は貸し出す、という事例も多い。それなら最初から賃貸で良かったということになる。
  • 子供に一軒家を残すといっても、戸建ての建物の資産価値は年数が経過するとなくなるわけで、結局、土地の資産価値だけが残ることになる。
  • 山手線の内側の土地なら価値が上がる可能性もあるが、4〜5000万円程度で買えるような物件は、そのような土地ではない。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA