ひろゆき名言「投資信託はインデックスファンドがおすすめ」「投資信託だけで暮らしていくのは無理」|その理由とは?

ひろゆき氏は、「投資信託」に関して、youtube上などで数々の名言を残しています。

  • インデックスファンドの投資信託に投資すべき
  • 投資信託だけで暮らしていくことはできない
  • 投資信託を高校の授業で教えることは意味がない

など、ひろゆき氏が「投資信託」について語った名言を集めて、整理しました。

投資信託への投資を考えている方、ぜひ参考にしてください!

投資信託はインデックスファンドなら安心|手数料が高い銀行窓口には注意!

上記の動画で、ひろゆきが「投資信託の手数料」について名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 銀行の窓口で販売されている投資信託は手数料が高い。
  • 手数料が高いから、投資リターンも赤字になるケースが多い。
  • そういった手数料の高い投資信託は信用ならない。
  • インデックスファンドなら、ノーロード(手数料がゼロ)の投資信託もあるので、そういった投資信託がなら安心。

投資信託だけで暮らしていくことはできない

上記の動画で、ひろゆきが「投資信託で暮らしていくことはできない」について名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 投資信託の利回りは2%程度が目安。
  • よって、生涯年収3億円を投資信託で稼ごうと思ったら、600億円の元金が必要。
  • そんなにお金を持っているお金持ちなら、投資信託ではない方法で金儲けをする。
  • 5億円程度持っている金持ちには、仕組み債や新規公開株など、一般市民が買えないような形式での株式購入のお誘いが証券会社から来る。
  • つまり、お金持ちになると、一般市民とは違うお金の儲け方ができるようになる。
  • このため、投資信託で儲けようという発想は、お金持ちの発想ではない。

投資信託が高校の授業に入ったことに対して、ひろゆきがキレッキレのコメント

上記のabemaTVの番組内で、ひろゆきが「投資信託が高校の家庭科の授業で教えられること」について名言を残しています。

主なポイントは以下の通りです。

  • 収入が高い人は、投資で多少の損を出しても問題がないわけで、本当に投資の教育をしなければならないのは貧困層。
  • 貧困層に限って、なぜか借金をしたり、リボ払いをしているケースが散見される。
  • 株や不動産で儲けられるのは金持ちだけ。
  • 貧乏人は労働所得の方が大きく、有効である。
  • ほとんどの人は、金融資産を回してお金を増やせるような富裕層ではない。そういう現実を見た方が良い。
  • 銀行の窓口で販売されている投資信託は、人件費がかかるので手数料が高い。しかし、そういった事実を学校では教えられないはず。

参考記事

高校生に“投資信託”の授業は必要か? ひろゆき氏「“貧乏人に儲かる話は来ない”とちゃんと書くべきだ」

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA